www.kristenalderson.net

「スプレッド」とは外為は通貨を売り買いして利幅を生み出す投資です。売買の注文の値はいつも動いています。それがマーケットです。ラジオを聞いているとドルやユーロの市場の情報が流れる状況があります。例としてあげると、「今のドル円相場は80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。これは80円50銭から80円52銭の幅の中で買ったり売ったりされているという事を表しているのではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭であることを表しています。別の言い方をすると、トレードには買値と売値の両方の値段が存在します。売値、買値の事を別の言い方で表示するFX会社もあったりします。普段は売値の方が小さく決められています。実際に買値は高く、売値は低くなっています。この差をスプレッドといい取引会社の収入の一部になっています。スプレッドの幅は取引会社によって変化します。スプレッドの広さはみなさんにとって経費になるので狭いFX会社を選択したほうが有益です。ただし、場合によってスプレッドの幅は拡大したり、縮小したりします。仮定として平常時はドルと円の通貨ペアで1銭のスプレッドの広さであっても、レートの変化が大きいときには1銭よりも大きくなったりする状況があります。ですから、スプレッドが狭いのと固定しているのが大切です。今では決まったスプレッド幅を提示する取引業者も多数あったりします。現実にFX会社のトレード画面の上で現実の為替レートをチェックしなければ判別できないのですが、とても重要なことです。大事な財産を預けて売り買いをするのですから本当の注文の前に、興味がある会社の新しい口座開設をしてスプレッドの広さを実感しましょう。同じ通貨でもそのタイミングのマーケットのボラティリティによって通貨ペアのスプレッドの差は変化します。たいがい、インターバンクマーケットで流動性の高い外貨ではスプレッドの幅が小さくこの他の外貨ではスプレッド幅が拡大するのが普通です。
Copyright © 1999 www.kristenalderson.net All Rights Reserved.